Make Noise Black and Gold Shared System Plus(最新”René 2018”搭載!)

Make Noise Black and Gold Shared System Plus(最新”René 2018”搭載!)
要予約... お気軽にお問い合わせください〜

Erbe-Verb/Morphagene/TEMPI/CV Busが追加のBlack and Goldで再製作された最新のシェアードシステムは、Make Noiseロゴ付きスチールケースとともに出荷されます。シェアードシステムはMake Noiseの創設者Tony Rolandoの個人的にフェイバリットなシステムです。これらモジュールのコレクションは”Make Noise Recordsシェアードシステムシリーズ”のすべてのアーティストによって利用されています。Alessandro CortiniとRichard Devineの両氏が2012年 Make Noise Opening Partyでの公演に使用しました。シェアードシステムはMake Noiseのシステムの中でも最も深く複雑なシステムであり、彼らのシンセシステクニックすべてを1つのシステムに統合したものです。アナログFMから電圧制御の細分化まで、シェアードシステムは人々が一生で旅する時間よりも遥か遠くまでの音の旅に貴方を連れて行ってくれるでしょう!

CVバスはもともとAlessandro Cortiniの個人的なMake Noiseシステム用に設計されたものです。これはパッチ全体で共有される4つの制御信号のレベル/レート/極性を視覚的に表示します。これらの4つの制御信号は色分けされシステムの中央に分散されているので、素早くきれいで直感的にパッチを当てることができます。分配方法は典型的なマルチプルとは異なり、制御信号が可能な宛先の下に表示されより短いパッチケーブルの使用を可能にします。色分けと視覚的な指示により、複雑なパッチを簡単かつ直観的にナビゲートすることができます。通常CVバスはマスタークロックなどのパッチで、最も重要な制御信号を共有するために使用します。

CVバスにはMake Noiseシステムを外部と統合するために必要なツールもあります。豊富なゲインを備えた1/4インチモノ入力により、外部信号をシステムに取り込むことができます。最適な10Vpp信号レベルが視覚的に示されます。高品質ステレオラインドライバーは強力なモジュラーシンセサイザーの信号レベルを一般的に使用されるラインレベルに変換します。左右のミニジャック入力、1つのマスターボリュームコントロール、およびTRSステレオ1/4インチアウトプットジャックがあります。このアウトプットは長いケーブルをPAシステムに送ったり、またはヘッドフォン用に使用することに最適です。

粉体塗装されたスチール製の構造はメカニカルな耐久性を損なうことなく今までの木製シェアードシステムのケースよりも2lb(約0.9kg)軽くなりました。洗練されたマットブラック仕上げはメイクノイズのブラック&ゴールドのモジュールに合うように選択されております。もちろん他社のどんなモジュールを入れても素晴らしいルックスです。スチール製のケースなのでライブやツアーなどで持ち出すたびに年季が入ってきます…

*ポリフォニックタイムシフト:TEMPI
*ニュースクールシーケンシング:René
*ヒューマンエクスプレッションコントロール:Pressure Points
*デュアルアナログオシュレーター:DPO
*電圧制御のピッチシフトとエコー:Echophone
*デュアルアナログCVジェネレータ:MATHS
*コンプレックスランダム電圧ジェネレータ:Wogglebug
*デュアルローパスゲート:Optomix
*バランスモジュレーション:modDemix
*電圧制御テープとマイクロサウンド:orphagene
*モードレス、連続可変電圧制御リバーブ:Erbe-Verb
*1Uで水平に制御信号の分配と表示:CVBus
* 7Uケース/電源とACアダプタ付き、即演奏可能!
*30個のパッチケーブル付属
*必要に応じたブランクパネル付き
*蓋付、携帯性が高く持ち運びに便利
*蓋はシステムにパッチを当てたまま閉じても十分なスペースを提供します
*ほとんどの航空会社のキャリーオンの荷物サイズに適合

スペック:
*サイズ:7U
*合計HP:208
*使用済みHP:196
*拡張HP:12
*外寸:56.52cm x 35.56cm x 18.42cm蓋付き
*重量:17ポンド
*リリース日:2017年12月1日

英語マニュアル




The Shared System re-made in Black and Gold w/ the Erbe-Verb, Morphagene, TEMPI, and CV Bus added in a steel case with the Make Noise logo. The personal favorite system of Make Noise founder Tony Rolando, this collection of modules is utilized by all artists for the Make Noise Records Shared System Series. It was also utilized by both Alessandro Cortini and Richard Devine for their performances at the 2012 Make Noise Opening party. The Shared System is the deepest and most complex of our systems bringing together all of our synthesis techniques into one system. From analog FM to voltage controlled granularization, the Shared System will go to more sound destinations than most folks have time to travel to in a single lifetime.

The CV Bus was originally designed for Alessandro Cortini's personal Make Noise system. It provides visual indication of level, rate and polarity for up to 4 control signals that will be shared throughout a patch. These 4 control signals are color coded and distributed across the center of the system allowing for quick, clean and intuitive patching. The distribution method is unlike the typical multiple since the control signals will appear beneath their possible destinations allowing for the use of shorter patch cables. The color coding and visual indication makes navigating complex patches easier and more intuitive. Typically, the CV Bus would be used to share the most important control signals in a patch such as your Master Clock.

The CV Bus also has the tools needed for integrating the Make Noise system with the outside world. A 1/4" Mono input with plenty of gain allows for bringing external signals into the system. The optimal 10Vpp signal level is visually indicated. A high quality Stereo Line Driver converts powerful modular synthesizer signal levels to the commonly used Line Level. There is mini-jack inputs for Left and Right, a single Master Volume control, and a TRS Stereo 1/4" output jack. This output is capable of driving long cable out to a PA System or a set of Headphones. It has AC coupling and a built-in limiting circuit (with visual indication) that prevents damage to ears and PA system when the patching gets experimental.

The powder coated steel Case is 2 lbs. lighter than our wood Shared System case without compromising mechanical durability. The sleek matte black finish was selected to match our line of Black and Gold modules. This finish will show the story of your modular synth's travels over the years. If you do not want that story to be told you will want to request your system to be built using our wood 7U case with scratch resistant black urethane coating.

includes
Polyphonic Time Shifting: TEMPI
New School Sequencing: René
Human/ Expression Control: Pressure Points
Dual Analog Oscillator: DPO
Voltage Controlled Pitch Shifting and Echo: ECHOPHON
Dual Analog Control Voltage generator: MATHS
Complex Random Voltage Generator: Wogglebug
Dual Low Pass Gate: Optomix
Balanced Modulation: modDemix
Voltage Controlled Tape and Microsound: Morphagene
Modeless, continuously variable voltage controlled reverb: Erbe-Verb
Horizontal Control Signal Distribution and Indication: CV Bus
7U case w/ power supply and AC Adapter, Ready to Play
Ships with 30 Ad Infinitum patch cables
Free blanking panels as appropriate
Comes with Lid, Highly portable, Meets requirements for carry-on luggage

specifications

Size: 7U
Total HP: 208
Utilized HP: 196
Expansion HP: 12
Dimensions:
22.25 x 14 x 7.25 (inches w/ lid)
Weight: 17 lbs.

他の写真

  • 1U CV BUS:
    Mulitipleとしてシステム上の各モジュールに4つのコントロール信号を振り分ける事が出来ます。システムのセンターに位置し長いパッチケーブルを使う事なくより整理し易くなっています。LEDライトが見やすく各色光ります。
    パネル左側の標準楽器ケーブルのハイゲインインプットを利用して外部からのソース音を使ったりモジュレートさせる事も出来ます。
    右側はヘッドフォンもしくはTRSケーブル等でアンプやPAにステレオで繋げられるドライバーとなっております。
    このCV Busがこの1Uに入る事によってよりシステムの使い易さや可能性、パフォーマンス性が向上します。
  • Make Noise ロゴ入りスチール製の頑丈な7Uケース...
  • 最新”René 2018”搭載!
Make Noise Black and Gold Shared System Plus(最新”René 2018”搭載!)

販売価格: 509,000円

重さ: 23lb

数量:
お問い合わせ

*** お問い合わせ&予約受付中 ***
当店で扱っている各商品は大量生産ではありません。 メーカーにも在庫に限りがあります...
確実に欲しい商品に関しては早めに予約/在庫確認する事をおすすめします...