Make Noise Pressure Points

Pressure Pointsはモジュール下部にある4つの印刷銅線部を触れることで対応する1列の3つのチューンド・ヴォルテージを選択する
コントローラーです。Pressure Pointsに触れることであなた自身が回路の一部となり、ゲート信号を生成し(Gateアウト)、
触れている圧力によってCVを生成(Pressureアウト)すると同時に対応する1列の3つのチューンド・ヴォルテージを作動させます。
作動列のチューンド・ヴォルテージはそれぞれX,Y,Zアウトから出力されます。
これらは手動によるアナログ・シーケンサーと捉えて良いでしょう。
拡張用モジュールのBRAINSを用いることでクロック入力で作動列を選択することもできます。
(http://www.makenoisemusic.com/brains.shtml)
2つのポットを調整することでタッチ・プレートの感度を演奏スタイルに合わせることができます。また、最大4機のPressure Pointsを
連結することでコントローラーとしてのサイズと機能を拡張することができます。連結することで各タッチ・プレートの
Gateアウト/Pressureアウト共に背面ケーブルによるバスで内部接続(ノーマライズ)され、マスター(最も右側)の
Gateアウト/Pressureアウトから出力されます。
つまりPressure PointsのGateアウト1~3,Pressureアウト1~3にパッチングのない場合、すべてのタッチ・プレートのGateアウト、
PressureアウトはGateアウト4とPressureアウト4から出力されます。任意のGateアウト、Pressureアウトにパッチングすることで
ノーマライズは切断され、Gateアウト4とPressureアウト4から出力されなくなります。モジュールを連結した場合このノーマライズは
最も右側のPressure PointsのGateアウト4とPressureアウト4に移行されます。
演奏
Pressure Pointsの操作にはコツがあります。まず始めにきれいな手で使用しましょう。各タッチ・プレートの銅線が密集した上部に
指を少し触れるだけで回路は作動し、ゲートが出力され、対応する列を選択します。選択した同列上の3つのチューンド・ヴォルテージ・ノブで
設定されたCVがそれぞれの同行上にあるX,Y,Zアウトから出力されます。そのまま指をタッチ・プレートに押しつけ、圧力を上げれば
銅線部に接触する指の面積の拡大に比例して増幅するCVがPressureアウトから出力されます。タッチ・プレートの感度は
ディジット・トリマーで調整できます。トリマーを時計回りに全開に開けばプレートからプレートへ指を滑らせるだけで作動列は
素早く移動します。また反時計回りに絞ることでPressureアウトから出力されるCVの強弱の幅を繊細なものにすることができるでしょう。
もしも自分が求める反応が得られなければもうひとつの内蔵ディジット・トリマーを調整してあなたの指の大きさ、湿度、演奏スタイルや
ケース(平置き型、縦置き型、傾斜型など)に合わせる必要があるかもしれません。この場合、トリマー・ツールまたは
小さなスクリュードライバーを用いてモジュールの右側面から基盤に取り付けられた内蔵ディジット・トリマーを調整します。
調整をおこなう際はPressure Pointsの電源を落としてください。工場出荷時の内蔵ディジット・トリマーは時計回りに40%の位置に
設定されています。時計回りに開く程タッチ・プレートの感度は高くなり、小さい、または乾いた指に向きます。
人間それぞれ指の環境は異なるので、様々な感度での演奏を試して最良の設定をみつけてください。
複数のPressure Pointsの連結
10ピン・リボン・チェイン・ケーブルが必要です。Pressure Pointsを購入した店舗でお求めください。また連結時は各モジュールの
ジャンパーのセッティングをお忘れなく。各モジュールとシステムの電源ケーブル接続による電源供給は連結時も必要となります。
その他の楽器のようにPressure Pointsは丁寧に扱いましょう。パネル表面の破損を防ぎ、きれいな状態を保ちましょう。
汚れはメガネレンズ用のマイクロファイバー制クロスを用いて拭き取ってください。
TIPS & Tricks:
-最上部のX行の電圧レンジは0~8Vです。また、各ノブを反時計回りに絞りきるか、時計回りに全開にするか、二極化することで
チューンド・ヴォルテージ・アウトXからゲート出力によるシーケンスを作ることもできるでしょう。
-チューンド・ヴォルテージ・アウトをMATHSのチャンネル1や4などによるスルー・リミッターやアッテネーターを通すことで
モジュレーションの幅はさらに広がります。
-“ラッチ”や”トグル”や”スイッチ”等のコントロール・シグナルはPressure Pointsの2列を使用することで生成できます。
一方のチューンド・ヴォルテージ・アウトを0V(トグルOFF)に設定し、他方をONに切り替える必要の値の電圧
(例えば+8Vまたは時計回りに全開など)に設定します。これで一方の列のタッチプレートを触れることでOFF、他方に触れることでONに
切り替えることができます。
-プリセット用電圧として3種類の4つのプリセットを保存できます。X,Y,Z行のチューンド・ヴォルテージで各ヴァリエーションを設定します。
加えてPressアウトとGateアウトが各列毎に異なるパッチ先への独立したプリセット出力としても使用できるでしょう。
ゲートが必要でなければアッテネーターなどに通してタッチ操作による一時的なモジュレーション・ソースとして使用するとよいでしょう。
-すべてのチューンド・ヴォルテージ・アウトとPressアウトは負担なくパッシヴの4連マルチプルで分岐することができます。
-すべてのGateアウトは任意のゲート入力にスタックさせてゲート信号をミックスさせることもできます。
パッチ例
タクティクル・キーボード
Y,Z行のチューンド・ヴォルテージ・アウトを任意のVCOの1v/Oct入力へパッチします。VCOからの任意の波形出力をLPGまたは
VCA入力へパッチします。共有GateアウトであるGateアウト4をMATHSのCH1または4へ、またはADSR型
エンヴェロープ・ジェネレーターのゲート入力へパッチします。エンヴェロープ出力をLPG/VCAのコントロール入力へパッチします。
Y,Z行のノブを調整してVCOのノートを設定します。オプション1: エンヴェロープ・ジェネレーターやVCAを使用せず、Gateアウト4を
直接OptomixやDPO、MMGなどのStrike入力へパッチしても良いでしょう。オプション2: 共有Gateアウトまたは各Pressureアウトを
音質コントロールに使用してみましょう。例えばVCOに続くフィルターのカットオフ値やDPOのFoldインなどにパッチしてみましょう。
ザ・ニュー・ボンゴ
サイン波によるリニアFM入力を使用した2オペレーターFMを受けるVCOを用意し、出力をOptomixの入力にパッチします。
Pressure Pointsの共有GateアウトであるGateアウト4をOptomixのStrikeインへパッチし、Gateアウト3をDAMPインへパッチします。
タッチ・プレート4に触れることで”ボンゴ”を打ち、タッチ・プレート3を触れる間はディケイ音を沈めます。
DAMPインプット・アッテネーターの設定で減衰力をコントロールします。オプション1: 1つまたは2つのPressureアウトをOptomixの
ControlインやDAMPインへ入力することでより幅のあるコントロールが可能になります。オプション2: GateまたはPressureアウト1と2を
使用してサウンドの減衰力や細さを他の方法で変化させます。例えばDPOのFINALアウトを使用すればSHAPE CVにパッチすることで
サイン波をスパイク波に変化させることができます。MMGを使用すればMODE CVインにパッチすることでロー・パスからハイ・パスへ
変化させることができます。MATHSを利用してGateアウトからのゲート出力を反転させてDPOのFOLDインへパッチングし、
倍音量を減衰させても良いでしょう。

Pressure Points パネル
1. Pressureアウト1
2. Gateアウト1
3. Pressureアウト2
4. Gateアウト2
5. Pressureアウト3
6. Gateアウト3
7. Pressureアウト4
8. Gateアウト4
9. アクティヴ・ステージLEDS
10. チューンド・ヴォルテージ・アウトX: 0~8V
11. チューンド・ヴォルテージ・アウトY: 0~5.5V
12. チューンド・ヴォルテージ・アウトZ: 0~5.5V
13. ディジット・トリマー: タッチ・プレートの感度を調整します。
14. タッチ・プレート1: 触れる事で作動列を選択し、ゲートの生成と共に圧力(Pressure)をCVで生成します。
きれいな状態かつ肌を露出した手で使用します。
15. タッチ・プレート2: 同上
16. タッチ・プレート3: 同上
17. タッチ・プレート4: 同上
18. チューンド・ヴォルテージ・ノブ: X行
19. チューンド・ヴォルテージ・ノブ: Y行
20. チューンド・ヴォルテージ・ノブ: Z行

*Pressure PointsはMean Well製のACアダプターによる電源供給への互換性はありません。
Pressure PointsはMean Well製のACアダプターによる電源供給では正常に作動しません。
メイクノイズはMean Well製のACアダプター使用によるPressure Pointsの不具合におけるサポートは
致しませんので何卒ご了承ください。

Pressure Points
Pressure Points is a controller module, an analog sequencer that is played by hand. Touching the gold plated copper wires (aka Touch Plates), you become part of the circuit, generating a gate signal (Gate OUT), a control signal proportional to the amount of pressure applied (Press OUT) and the 3 Tuned Voltages for the activated Stage.

The Gate signals may be used to turn portions of a patch ON/ OFF, generate Timing Events within a patch or to Trigger a Function Generator such as MATHS

The PRESSure signals may be used to add expression to a patch by varying Pitch or Timbre in real-time, based upon the artist's input

The Tuned Voltages may be used to play the Pitch of a sound in a traditional melodic fashion, Program Chords or Timbral shifts (aka Presets)

Up to 6 may be CHAINed together (using CHAIN Cable), to create controllers of varying size and complexity

All outputs are capable of driving a passive 4 way mult without loading effects (no buffered mult needed)

Expansion port allows for sequential control via the BRAINS expander module

Pairs well with MATHS

Specifications
Width:
20hp
Max Depth:
24mm
Power:
20mA@ +12V
0mA @ -12V





日本語マニュアル

Make Noise Pressure Points

販売価格: 24,500円

重さ: 1lb

お問い合わせ

*** お問い合わせ&予約受付中 ***
当店で扱っている各商品は大量生産ではありません。 メーカーにも在庫に限りがあります...
確実に欲しい商品に関しては早めに予約/在庫確認する事をおすすめします...